電動パワートレイン試験
世界的に自動車の パワートレイン は、従来の内燃機関からEアクスルや HEV または EV のように電動化の大きな転換期にあります。 ATESTEOは、試験対象をコンベンショナルパワートレインから 電動パワートレイン に拡大し、バッテリシュミレータ、低慣性モータ、環境試験ベンチ、NVH試験ベンチ等の設備を拡充し、 電動パワートレイン 開発に必要な様々な試験をご提供しています。

サービスの内容
ATESTEOでは駆動用モータおよびインバータの試験に関し、パワートレインの機械的、電気的、温度特性試験などあらゆる試験サービスを提供します。更に、コンポーネントの冷却特性やオーバロードトルク特性、更に騒音特性および軸方向ラジアル方向の振動などの技術データを取得します。トランスミッションやハイブリッドシステムの特性を解析するための、複雑な試験を試験ベンチで実行します。

耐久試験
Eアクスル、EV、ハイブリッド等あらゆる 電動パワートレイン から、トラクションモータ単体、ギアボックス単体まで、様々な耐久試験を実施しています。通常、電動系の試験はバッテリシュミレータを用いますが、ドイツ本社ではオリジナルのバッテリを用いた試験も可能です。

耐久試験項目
・ギア・ベアリング耐久試験
・耐久性験
・高速試験
・耐久力試験
・トルク試験
・回転試験
・ピッチング試験
・S-N (Woehler)曲線

効率試験
効率測定では入力パワー(軸のトルクと速度)に対する出力パワーを トルクメータ と速度センサにて高精度計測します。ギアボックス単体や HEVトランスミッション など機械的効率測定に加え、電気的入力パワー(バッテリ-インバータ間、インバータ-モータ間)に対する機械的出力パワー(出力軸のトルクと速度)の効率測定により電動系システム全体を評価できます。

効率試験項目
・引き摺りトルク試験
・効率測定
・オイルレベル検査
・システム効率

機能試験
機能試験ではドイツを中心として世界中にヘッドクオータを持つ第三者認証機関TÜVの認定を受けた、ECE-R85性能試験を始めとして、電気系、給油系、機械系の各種試験を行います。

機能試験項目
・ECE-R85性能試験
・開回路電圧試験
・給油試験
・たわみ試験

環境試験
ATESTEOではEアクスルの需要の世界的な高まりに対応し、ドイツ試験場と中国試験場の両方でEアクスルやトラクションモータの環境試験を数多く実施しています。恒温槽は、温度-60℃から+170℃、湿度20%から95%の制御が可能です。バッテリシュミレータと低慣性モータの組合せにより、トラクションモータ単体からEアクセル等に対応する1軸から3軸までの環境試験ベンチを提供します。

環境試験項目
・高温試験
・熱衝撃試験
・低温試験
・環境試験

騒音振動試験
ATESTEO ではPMモータを備えた最大4軸の半無響試験ベンチを保有しています。トラクションモータ単体から電動ドライブシステム全体まで、コンベンショナルパワートレインとは異なる、電動化に起因する新たな騒音の計測を提供します。

騒音振動試験項目
・変速機ラトル音、ギア鳴り計測
・モータ騒音振動試験
・ギアボックス騒音振動試験
・インバータ騒音振動試験

電動パワートレイン試験 設備

EV/HEV用DC電源
450V; 150kVA; 500A
600V; 540kVA; 600A
1000V; 950kVA; 1200A
バッテリシミュレータ
(プログラム可)

マイルドハイブリッド用DC電源
60V
±600A
バッテリシミュレータ(プログラム可)

環境シミュレーション
空気:-40℃ ~ +160℃
温度勾配:6 度/分
相対湿度:10% ~98%
冷却液:-35℃~+135℃

アウトプットデータ
≦ 10,000 rpm; ≧ 530 kW
≦ 5,000 rpm; ≧ 1,000 kW

インプットデータ
≦ 25,000 rpm; ≧ 113 kW
≦ 18,000 rpm; ≧ 200 kW

効率測定(パワー)
高精度の電気効率解析

認定
ISO 17025:2005
(D-PL-19792-01-00,
‘D-K-19792-01-00)

認証
ISO 27001:2013
ISO 9001:2015
ISO 14001:2015