車輌トルク計装 温度計装

ATESTEOでは長年の 車両トルク計装 や温度計装の経験と実績から、トルク、温度、回転速度、加速度などを高精度で信頼性高く測定可能な技術を蓄積しています。トランスミッションやクラッチなど各種コンポーネントの性能を実機で計測し、乗用車や商用車のコンポーネントを試作段階評価する非常に有効なサービスです。

特長
最適なデータ伝送技術を選択可能
  1.  赤外線伝送:電磁ノイズの多い環境にも対応(高速)
  2.  インダクティブ伝送:コンパクトで狭い空間に実装可能
  3.  RF(FM)伝送:回転部と固定部間のギャップや軸揺れに対応
  • 回転部と固定部のコイルによる誘導電源
    (バッテリレスで連続動作が可能)
  • 計測に適した素材で一部を置き換えるインサート技術
    (精度向上と同時にトルク以外の応力の影響を削減)
  • フレキシブルな送信基板
    (軸内や湾曲部にも実装可能)
  • アナログ電圧チャネルやCAN経由で出力した測定値を、データロガーなどで統合して同期処理を行なうことにより、各装置の動作の関連性を解析できます。
フライフォイールトルク計測機能の組み込み例

お客様のフライフォイールの回転体中心部を計測に最適な素材で作製し埋め込むことにより、高精度なトルク計測機能を実際のコンポーネントに実装した例です。トルク以外にも回転速度、温度など様々な計測において豊富な実績があります。

回転部(表面)
歪ゲージ貼付部分をくりぬき計測に最適な素材を同一形状に加工して埋め込み。

回転部(裏面)
トルク計測値を赤外線パルスの点滅周波数として固定部に転送。

フライフォイール全体
計測機能を組み込んだ回転部を固定部に嵌め込んだ写真。

評価ユニット VETAS
誘導電源を供給、周波数からトルク値を計算しアナログやCANで出力。